« AF-S NIKKOR 10-18mm 1:4G ED | トップページ | 撮影時のマナー »

<撮影のためのTips> メディアとフォトストレージについて

撮影にあたってのちょっとしたことを書いていこうかと思います。

今回はまずはメディアについて。

私のように山で撮る場合はメディアをどうするか?も結構ポイントだったりします。

と、言うのは一週間とか山に入りっぱなしですから、こまめに自宅のPCに吸い上げるなんてことが出来ないんです。

もちろん、帰宅後はすぐにPCに吸い上げるわけですが、それまでは撮影データをどこかに持ってなきゃいけないわけです。

私自身は大量のメディアを持つか、ストレージに移すか。時代時代で違いますがそのどちらかです。

大量のメディアを持っていくことのメリットは、

・万が一メディアが不調でも帰宅後にリカバリーが出来ること。

・バックアップの為の時間が不要。

・万が一の場合でもすべてのデータを失う可能性が低い。

・軽い!

デメリットは

・メディアを大量に買う必要があるのでコスト的に厳しい

一方、ストレージを使った場合は

・安価に大量のデータを持ち帰れる。

・自宅で吸い上げる際に一気に吸い上げられる。

デメリットは

・すべてのデータを失う可能性がある。

・バックアップのための時間が必要。

・バッテリーが意外ともたない。

・重くなる。

こんなところでしょうか。

個人的には大量のメディアを持っていくのがやっぱり軽量化という意味合いでも理想的かと思います。

ただ、消費容量がどんどん増えてる傾向が強く、日数が多くなると足りるかどうか心細くなったりするので、長期取材のときにはストレージを合わせて持っていくことが多いです。

ちなみに、稼働してるのは

マイクロドライブ:6G×10枚・・・最近は持って行ってません。

CF:2G×4枚・・・最近は持って行ってません。

CF:16G×2枚・・・現在のメイン

CF:32G×2枚・・・現在のメイン

ストレージ:150G×2台・・・長期取材時には持参

今振り返ると、マイクロドライブは結構読み出せない画像を作ってくれました。

その点、CFはそういうことが一度もないです。

ストレージも実はバッテリー以外はトラブルは一度もなしなので、CFで撮ってストレージに吸い上げていくのがコストパフォーマンスが一番でしょうね。

ただ、普通のストレージはバッテリーが全然持たないのと、吸い上げ時間が長いという二つの欠点がありますl。私が使ってるのは大丈夫なんですが・・・。

国産のフォトストレージを買おうと思ってる方、その辺気をつけたほうが良いですよ。全滅ですから^^;

|

« AF-S NIKKOR 10-18mm 1:4G ED | トップページ | 撮影時のマナー »

カメラアクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <撮影のためのTips> メディアとフォトストレージについて:

« AF-S NIKKOR 10-18mm 1:4G ED | トップページ | 撮影時のマナー »