« レタッチ悩み中・・・ | トップページ | 富士山登山 »

時代が追いついてくるのは、あっという間ですね。

http://web.canon.jp/pressrelease/2010/p2010aug31j.html

すぐに量産モデルが市場投入されるって訳じゃないですけど、もっと加速しないと、時代に追いつかれちゃいますね・・・。

と、言いつつ、これで星景撮ったら、世界が全く違うでしょうね。

このイメージサークルを実現するのに明るいレンズは当面作れないでしょうから、その辺がネックでしょうけれど・・・。

|

« レタッチ悩み中・・・ | トップページ | 富士山登山 »

デジタル」カテゴリの記事

コメント

なるほど・・・
よくわかります。

投稿: ヒロ | 2010年9月 6日 (月) 17時22分

ヒロさん

技術の進歩の恩恵は確かに受けているのですが、現状で工夫してクリアしている部分も多く、そこに技術革新が入ってくると、人と差をつけるにはもう一工夫しなければならず、時代に追いつかれる前にアイディアを出さないと・・・みたいな感じですw
新しい技術をみてわいてくるアイディアも当然あるので、技術が進むこと自体は歓迎ではありますね。

投稿: 村田 | 2010年9月 6日 (月) 10時11分

技術の進歩は表現の幅も変化させますね。
写真技術の発明が絵画の世界を一変させたように。
今までになかったような写真表現の出現も楽しみです。
翻って、村田さんのように先鋭的な表現をされている方は
逆に自分の撮りたい斬新なイメージがあって、それを可能にする
新しい技術の開発を待ち望んでおられるような気がします。

投稿: ヒロ | 2010年9月 3日 (金) 18時06分

Deep skyさん

どうシステムを作るか?興味ありますねぇ。

イメージサークルは大判用なら楽々クリアですが、開放が使い物になるのかちょっと心配^^;

いずれ、蛇腹のカメラが山でも復活するかもですね。

投稿: 村田 | 2010年9月 1日 (水) 09時36分

センサーの集光率がフルサイズの100倍とは凄いです。
開放F5.6の4×5のレンズを使えば、(使えれば)それは凄い事になりそうですね。
イメージサークルもカバーしてますし、でも高いでしょうね。
民生用には時間が少しかかるでしょうね。
どんなカメラ形で出してくるのか楽しみですが・・・

投稿: Deep sky | 2010年9月 1日 (水) 09時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代が追いついてくるのは、あっという間ですね。:

« レタッチ悩み中・・・ | トップページ | 富士山登山 »