« 金平糖処理を見直してたら・・・大きなバグ発見。 | トップページ | 空母バッテリーってダメじゃん »

現像ソフト再検討

前に星景用の現像ソフトとしてSILKYPIX Developer Pro(以下、シルキー・プロ)が良いという結論を出していて、その後、SILKYPIX Ver5(以下、シルキー5)が出たり、DxO Optics Pro6(以下、DxO)を導入したりして環境が変わったので再度確認してみた。

シルキー5:コントラスト低めで山がシルエットにならずにかなり見える。1枚写真として考えると優秀。ノイズも一番小さい。

DxO:色合いが奇麗と言う印象があったんですが、無彩色に近い条件(ほとんど真っ暗)だと星の色とかは返って白一色になってしまい、かなり条件を選ぶ感じ。これもノイズは少ない。

NX2:シルキー5よりコントラスト高めで、山はシルエット。星の色はシルキー5よりちょっとだけ彩度が高い感じ。

PhotoShopCS5(CameraRAW):一度NX2で現像したRAWを開いたので、それが反映されてるのか???仕様どうだっけか?無視されると思ってたけど・・・。NX2に一番近い。違うのは展開スピードがこっちの方が断然速いこと。

と、まぁ、こんな感じ。

CS5の結果は、無加工のRAWでもう一回確認したほうがいいかもしれないけど、ワークフロー的に一度NX2で現像しておいたほうが後々役立つので、本当に確認程度でいいかもしれない。

気持ち的にはPhotoShopにRAW現像も任せたほうが良さそう。早いし!(多分)。RAW現像と同時に、下処理をしてからTiffなりPSDなりに書き出して原画にするのが効率的でしょうね。

ああ、そうか、場合によっては、RAWをいきなりコンポジットしてもいいんですね。

|

« 金平糖処理を見直してたら・・・大きなバグ発見。 | トップページ | 空母バッテリーってダメじゃん »

PhotoShop」カテゴリの記事

RAW現像ソフト」カテゴリの記事

デジタル一眼」カテゴリの記事

星景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533549/51693556

この記事へのトラックバック一覧です: 現像ソフト再検討:

« 金平糖処理を見直してたら・・・大きなバグ発見。 | トップページ | 空母バッテリーってダメじゃん »