« 銀塩神話に画素数神話 | トップページ | ペンタックスK-5、アストロトレーサー。タイアップ広告/デジタルカメラマガジン11月号 »

半月の写り方

ほぼ半月(月齢8)の山岳星景の処理中です。
納品済みのカットなのですが、少々気に入らないところが有って、完全版を残しておきたいなと、再処理してます。

満月を撮って、月が真円?に写るのは判るんですが、半月などでも真円に見えるんですよね。銀塩時代はそんなこと無かったように記憶してるんですが。

そう言えば、他メーカーを使っている友人もデジで撮ったら、満月じゃなかったのに満月のように写った。と言っていましたっけ。

なんか不思議ですよね。

天文を専門にしている人からしたら、困った現象だと思いますが、雰囲気だけで撮ってる私からしたら、能天気にキレイ・キレイと言っていられるのですが^^;

そうそう、昨晩、バッチ処理させてたら、途中で止まってて・・・。原因はHDD容量を使い切ってしまったから。とうとう1回分の撮影データが1台のHDDに収まらない・・・危惧していたことが起こってしまいました。確かに撮影枚数多かったんですけどね、この取材。

2.5TのHDDなのに・・・。私の撮影スタイルの変化って、HDDのコストダウンのスピードじゃ全然追い付けないってことですねぇ。
そのうちに、1回の撮影データを日中と夜中で別々のHDDに分けて保存とか、RAWとTiffを別にするとかしなきゃならんのでしょうね・・・。気が重いなぁ。

|

« 銀塩神話に画素数神話 | トップページ | ペンタックスK-5、アストロトレーサー。タイアップ広告/デジタルカメラマガジン11月号 »

星景」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半月の写り方:

« 銀塩神話に画素数神話 | トップページ | ペンタックスK-5、アストロトレーサー。タイアップ広告/デジタルカメラマガジン11月号 »