« 一つの時代が終わりました・・・。 | トップページ | 半月の写り方 »

銀塩神話に画素数神話

このブログへのログを見てるとどうも

「銀塩の方がデジタルより一方的に優れてるはずだ!!」

と思ってる人や、

「画素数は高ければ高いほど良い。一億画素なんて絶対に必要!!」

とか思っている人が来ているように見えて仕方がない^^;

まぁ、何を信じようが個々人の自由だし、人に迷惑をかけなければ構わないと思ってます。

ただ、山岳や風景、恐らく一部の天文の人たちは、いまだに銀塩至上主義なんだなと。

銀塩に拘ってる人の良い分を整理すると大抵は「銀塩の方が楽だった」と言うのが根底にある人が多いように思います。そして、「デジタルを理解する能力がない」と言うのが欠点。

考えてみれば、銀塩時代はシャッターを切った後は、現像所へだすだけで現像所がそれなりに仕上げてくれてたわけです。

ポジの増減感なんて、プロラボじゃ当たり前のサービスで無料でやってるところも有りましたから。そう言うノウハウをすべてPCで処理することが出来ず、時代からドロップアウトした人たちが銀塩至上主義を掲げているように思えてしまうんです^^;

年齢が70代・80代でPCなんていじった事がない人なら、判るんです。

でも、20代・30代にも居るんですよね。銀塩至上主義者が。こう言う人たちが理解に苦しむんです。

まぁ、作品を撮る人で理系の人って、有る意味少ないから、こう言う事が起きるんでしょうね。

例えば、美大卒の人が、理系よりPCに強いってイメージはあまりないですし。

かといって、理系の人間で作品が撮れる人って、少ないように思うんですよね^^;

結局、デジタルで作品を作るには、両方の感覚が必要なのかもしれませんね。

その一方、デジタルから写真を始めた人にとって、画素数競争と共に成長してきた影響か、必要かどうかではなく、画素数が上がることが正しい進化だと信じ込んでいるように思えるんです。特に日本人は数字好きですから。

35mmフルサイズで考えると、レンズの解像度は頑張っても5000万画素位が限界。これはスーパーレンズでの話。レンズ1本の値段が50万でも100万でもバンバン売れるのなら・・・ね。現実的な線だとその半分か1/4位なんじゃないだろうか。

ただ、いっそ、一億画素有ると、システム的にLPFが要らなくなるんじゃないかと思うんですよ。だって、そこまでレンズの解像度がないんだから。

LPFはソフト的に実現できるようになり、画素数はレンズ解像度の倍くらいで落ち着くんじゃないか?

などと考えてみたりはするのですが、どうなるんでしょうね^^

|

« 一つの時代が終わりました・・・。 | トップページ | 半月の写り方 »

山岳」カテゴリの記事

デジタル一眼」カテゴリの記事

銀塩」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

nuagesさんへ

はじめまして。書き込みありがとうございます。

クイックロードは一つの時代が終わったんだなぁ・・・ってつくづく思いますね。

高画素化の流れがどこで止まるか?って考えたとき、LPF不要になるところまでいけば、それ以上は無意味ですので、その辺が終着駅かな?と思ってます。
どのメーカーもまだまだ先がありますがw

実際に必要な画素数としてはnuagesさんもやはり既に十分と思われているようですね。


よかったら、これからも遊びに来てくださいね。

PS.後でWebサイト、ゆっくり見させていただきます^^

投稿: 村田 一朗 | 2012年6月15日 (金) 06時24分

はじめまして。
クイックロードの件を検索してこちらにきました、
私も既に使う事はないのですがホルダーとフィルムが何枚か
冷蔵庫に有ります。
以前初代1DsでB2ポスターを何枚も作りました、現在は1DsⅢと5DⅡですが
2000万画素のアドバンテージは4x5に67や69のホルダーを使うように
最初からトリミング前提で小さく撮る時に好都合です。
カメラ部門では無いのですがC社の友人は以前「うちはAPS-Cで3000までやる、そうするとローパスが要らなくなる。」と言っていましたがN社がそちらに
近づいているのですね、それとライブラリーが50メガのデータを要求するので2000は要るのですが,それ以上は要らないかと思います、
全くのプライベートはSRAWで撮っています。

投稿: nuages | 2012年6月15日 (金) 00時04分

Deep sky さんへ

D1で作品発表を始めちゃった私からしたら、画素数的に厳しかったのはD1xまでで、その後は気になってないんですよね。
D1xでも雑誌見開きで実害は無かったですから。
ただ、ニコンは塗り絵になりやすいので、その辺、解像度不足に思えることが有ります。

レタッチと言うか、画像処理・・・TVに積まれてる物とかで考えると、解像度とノイズは相反するパラメータなので、どちらを優先して処理するか?で結果が変わってきます。プロ転向前はそっちが専門でしたから。
低解像度でスタートした(D1は300万画素無いです)為か、知らず知らずのうちに解像感優先で処理しているんでしょうね。

解像度戦争の後、大きなテーマは諧調表現でしょうね。でも、これも今現在、あんまり困ってないんですよ。
素のデータじゃ全然だめなんですが、レタッチで何とかなっちゃうんで。
でも、素の状態で諧調をちゃんとしてほしいですね^^;

高感度も星撮りを考えるともう少し欲しいですけど、たぶん、そろそろ技術的に限界なんだと思います。

残っている大きな問題点はLPFですね。これ取っちゃえば、解像感のアップにつながるので。先ほどの解像感とノイズの話と同じです。偽色と言うノイズを減らすために解像度を落としているわけですから。

こうして考えてみると、D4、D5位までは何となくやってくることが見えるんですが、D6位になると現時点では何が課題に残ってて、どういう技術が出来てきているのか?よく判りません^^;

でも、取りあえず、諧調表現は手を付けてほしいですね。
受光素子の性能改善と言うスタンスで。

投稿: 村田 一朗 | 2011年10月 9日 (日) 05時44分

村田さん こんばんは。

画素数では1200万画素で足りているといわれる村田さんが、ある意味うらやましいです。
作品として撮り発表するのならば、それで十分でしょうね。
画素数競争をする力があるのならばメーカーにはその力を
諧調再現にでも回してほしい処ですね。

しかしながら、世の中いろいろな使い方をする者がいて、
そんな環境に身を置く私などはもう少し多画素を望んでしまします。
身から出た錆でしょうか、恥ずかしながら。

しかしこの先、画素数の落ち着く先はメーカーもまだ消費者の動向次第で決められないんでしょうか。自分的には2000かなと思っていますが。

投稿: Deep sky | 2011年10月 8日 (土) 21時52分

Deep sky さんへ

銀塩とデジタルの使い分けは本来必要ですよね。

D1xの時代までは私も使い分けてましたし。

それぞれに利点がありますから、それに応じて使うのがベストだと私も思います。

その延長線上に、銀塩オンリーに戻る人もまれに居ますしね。


実使用上の画素数は千~2千万画素程度で良いように私も思いますね。
私の用途だと、D3の画素数で足りてますしね。
確かにトリミングすると厳しいと思いますが・・・、私の場合だとトリミングってまず無いので。無用の心配しても仕方がないかな?って思ってます。

投稿: 村田 一朗 | 2011年10月 8日 (土) 07時20分

村田さん 

星を撮っていて思うことは、場面や目的に応じてデジタルと銀塩を使い分けなければならないことです。
私は目的の絵柄に応じた機材の使い分けをしています。

まだデジタルでは出ない色や諧調があり、それをもっとも重要視するときはポジと決めています。
でもデジタルもすぐそこまで近づいているような感触はあります。
できればデジタル一本に統一したいですが・・・

画素数はもう一つの回答が出ていて、必ずしも多いに越したことが良いとは思いませんね。

仕事写真でも個人の写真でも2000万画素前後が今のところ快適で、そこそこ伸ばしにも利くので良いかと。

いつだったか、アサカメで2000万画素は必要か?などといった特集をしてましたが、時代が変わるとその時の要求も変わりますよね。
個人的には1200万でもいいんですが、渡す相手が勝手なトリミングをする場合がありますね(苦笑)

投稿: Deep sky | 2011年10月 7日 (金) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀塩神話に画素数神話:

« 一つの時代が終わりました・・・。 | トップページ | 半月の写り方 »