« PC、新しくしました。 | トップページ | HDD高騰!! »

オフ会

明日(2011/11/5)は都内にて、Web上で付き合いのあるレタッチャーの方が主催するPhotoShop講習会&飲み会に行ってくる予定です。

レタッチ作業というのはどうしても必要なことにも関わらず、実はちゃんと向き合っていないのがカメラマンや写真家だったりするんですよね。

同業他者には聞きにくいことも、ちょっと業種が違うと話ししやすいですから、行き詰ってて困っているようなことを聞いてみようかと。

それには実例がないと話にならないので、基本的に未発表のものを主体にデータを持ち込む予定にしてます。まぁ、人がやっていないことをやりたがる私ですから、未完成のものを人に見せることがストレスであったりするんですが、こう言うチャンスを逃がす方が問題ですから。

まぁ、飲みながらの会なので、話のネタがないと盛り上がらないですからね^^

|

« PC、新しくしました。 | トップページ | HDD高騰!! »

PhotoShop」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんへ

レタッチに関しては難しく考えすぎないのがポイントだと思っています。本来、カメラで撮ったものがそのまま使えるのが理想で、レタッチはある意味、必要悪です。
ちなみに、今出ているデジタルカメラマガジン11月号のペンタックスとのタイアップ広告などは、Jpeg撮って出しで納品です。

これとは別に、レタッチを前提として撮影するパターンも存在します。私の山岳星景などはまさにそうですね。でも、写真撮る人が皆、こう撮る必要は全くないわけで、必要があればレタッチすれば良い類です。

とは言え、レタッチが必要な写真も有りますよね。昨日も話に出ていたのですが、「着地点が見えてないとダメ」で、どう仕上げたいのか?がはっきりすれば、レタッチも実は大して難しくないという。この場合、方法論だけが残りますから、人に聞くなり、調べるなりすれば良いだけです。しかし、自分でどうしたらいいのか判らないと、弄っているだけでいつまでたっても完結しないって事になります^^;

レタッチャーの方も、やり方は色々のようで、同じ結果を求めるのに、人によって手順もツールも結構違うようですよ。これも「着地点」が同じになれば良いという、有る意味、数学の計算結果が正しければ、導き方は問わないと言うのと同じですかね。

私のレタッチも自己流ですし、必要なレタッチは仕方がなしにやっているんですが、強みでもあるかもしれませんね。
PCを使うことに抵抗がないので、連携をとった作品作りができるっていうのも有りますし。
銀塩時代でも、ポジの自家現像とかする方が居ましたが、ハードルが高くてできなかった分、今は再処理を含めてやりやすくなりましたから、私などにとっては有利な時代になってきたと言えるかもしれません^^

投稿: 村田 一朗 | 2011年11月 6日 (日) 11時16分

村田さん

レタッチって私には本当に敷居が高いです。
きちんと使い方をマスターすれば良いのですが
ついつい我流で適当に済ませてそれで良しとしてしまっています。
ソフトメーカーのレタッチの講習なんかをきちんと受講すれば
良いのでしょうけどね。

村田さんは理科系の頭脳をお持ちなのでレタッチも非常に専門的な
レベルでされていると思いますし、1から10までご自身でされると
思います。でもそういう方って少ないですよね。
そこが村田さんの強みでもあると私は感じています。
今まで写真家が考えもつかなかった新しい表現をどんどん見せて
いただくのを楽しみにしております。

投稿: ヒロ | 2011年11月 5日 (土) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533549/53164712

この記事へのトラックバック一覧です: オフ会:

« PC、新しくしました。 | トップページ | HDD高騰!! »